歯を白くする方法

歯を白くする方法を解説

歯を白くする方法について

歯を白くする方法は色々とあります。大きく分けて、歯科クリニックでの専門的な方法と、自分で行う方法の二つの方法になります。 

まず一つ目の方法である歯科クリニックでの専門的な方法についてですが、こちらは一般的にはホワイトニングと呼ばれる方法になります。

多くは専用のホワイトニング剤を使って白くします。歯の専門家が施術をしてくれるので失敗が少ないというメリットがあります。

しかし、ある程度の費用がかかってしまう事や、歯科クリニックに通う時間を作らなければならないというデメリットがあります。 

二つ目の自分で行う方法についてですが、こちらは研磨剤が入った歯磨き粉で歯を磨くという方法になります。歯が茶色になってしまう原因の一つに、コーヒー等による着色汚れがあります。

研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨くと、この着色汚れが削り落とされます。よって歯が白くなるのです。自分で行う方法だと、費用が安くて済む事や、歯科クリニックに赴く手間が省けるといったメリットがあります。

しかし、研磨剤入りの歯磨き粉は使い過ぎると歯を傷付けてしまうというデメリットがあります。

歯を白くするために必要な事

歯を白くするために必要な事はタバコを吸わない事とホワイトニングになってきます。

まずタバコを吸ってしまいますと歯の色が黒く変色してしまう事があります。

そうなると白い歯を手に入れる事ができませんし、逆にどんどん黒くなっていきます。

例えホワイトニングなどで歯を白くしてもタバコを吸っていると再び黒っぽく変色してしまいますのでまずはタバコを吸わないというのが歯を白くする条件でもあります。

今、吸っている人で歯を白くしたいのならすぐにやめる必要があります。次にホワイトニングです。ホワイトニングとは歯を白くする治療法です。


自分でホワイトニング商品を購入して実践する事もできますし、歯科に行ってもホワイトニングをする事ができます。以上の2つが歯を白くするためには必要な事になってきます。

どちらを欠いても歯を白くする事ができませんので、両方きちんと実践していく必要があります。以上の2つをする事によって白い歯を手に入れる事ができます。